最高のプラダ 財布 サフィアーノ|ブランド 小物_プラダ 財布 サフィアーノいいか_プラダ 財布 サフィアーノ規格品代購


2015-01-23 23:12    プラダ 財布 サフィアーノ
「え?」  キョウは顔を彼女の方に戻した。 「えーと……射手座、だったかしら?」  と言って公坂の方を見る。彼がうなずく。どうも彼女は何かを言うたびに彼の確認を取っているようだ。クラスメートの名前とか、なんだか彼の方が彼女自身よりも彼女のことに詳しいという感じである。 「射手座かあ……公坂さんは?」 「僕は蟹《かに》座だよ。射手座とはあんまり相性が良くないね」  陽気な声で、なかなか意味深なことを言う。 「でも星座占いっていうのは、ずいぶんと興味深い習慣よね?」  キョウが少し身を乗り出すようにして言った。 「どうして人は、自分たちの運命を星になぞらえて考えようなんてことを思いついたのかしら? まるで未来に待ち受けることを知っていたみたいだわ——星の前に屈服することになる、遠い未来のさだめを」 「……は?」  唐突に訳のわからないことを言われて、麻里はまた面食らった。キョウはかまわずに、 「万事ツキがないことを�|星回りが悪い《スター・クロスト》�って言うらしいけど——まったく、言い得て妙だわ。こんなに的確な表現はちょっとないわね」  と、ため息混じりで囁《ささや》くように、しみじみと言った。 「あたしたちって、なんて悪い星の下《もと》に生まれついたものかしら——まったく、嫌になってくるわ」  投げやりな口調である。麻里には彼女がどうしてこんなに悲観的なのかさっぱりわからず、困惑を隠せない。 「——あ」  はっ、と公坂尚登が何かを急に思い出したような顔をして、立ち上がった。