Louis Vuitton-ルイヴィトン モノグラム マルチカラー アルマ M40443 ハンドバッグスーパーコピーブランド 通販製品合格か louis vuittonルイヴィトンm93522モノグラムヴェルニアマラントジッピーウォレット長財布 Louis Vuitton-ルイヴィトン モノグラム マルチカラー アルマ M40443 ハンドバッグスーパーコピーブランド 通販スーツ_Louis Vuitton-ルイヴィトン モノグラム マルチカラー アルマ M40443 ハンドバッグスーパーコピーブランド 通販どんな商標


2015-01-28 14:59    Louis Vuitton-ルイヴィトン モノグラム マルチカラー アルマ M40443 ハンドバッグスーパーコピーブランド 通販
 宇佐見は言いながら、強く腰をはずませていた。由貴はもうそのことばが耳に入らないかのように、高い叫び声を放ちはじめた。  十分後に、宇佐見は由貴の部屋を出た。彼は公衆電話で、堂本に緒方の居場所の判ったことを告げた。堂本は、宇佐見にその足で原と合流し、博多に向うように指示した。  矢田が緒方の居所が割れたことを知ったのは、つぎの朝だった。彼はその夜は、徹夜で稲垣をマークしていたのだ。稲垣は前の晩、倉持賢一の家を遅く出て、まっすぐ自宅に帰った。矢田は稲垣の家の近くに停めた車の中で夜を過した。  朝になって、沙織が交替に現われた。矢田は沙織の口から、宇佐見と原が、緒方を捕えるために博多に向ったことを知らされた。  沙織と張込みを交替した矢田は、四谷の堂本法律事務所に寄り、堂本と二人で、緒方と稲垣の扱いについて打合わせた。打合わせはすぐに終った。  矢田は高島平《たかしまだいら》の団地の部屋にもどってベッドにもぐりこんだ。夜になって、沙織と張込みを交替するまで、彼には仕事はなかった。睡眠をろくにとらない日がつづいていた。矢田はベッドに入るとすぐに、深い寝息を立てはじめた。夢すら見なかった。  目が覚めたのは、午後五時だった。矢田は風呂をわかして入り、食事の支度をして、ゆっくりと夕食をとった。沙織との交替時間は午後九時と決めてあった。  八時に矢田は部屋を出た。車は団地の駐車場に停めてあった。駐車場のにぶい明りで、車の屋根や窓が小さく光っていた。  矢田はドアを開け、乗り込んだ。ドアを閉め、キーをイグニッションにまわそうとしたとき、後頭部に固いものが触れた。リヤシートのきしむ音がした。 「おとなしく車を出してもらおうか、矢田さん……」  低い男の声が、耳のすぐうしろでひびいた。矢田は息を詰めた。ルームミラーに眼をやった。男の姿は黒いシルエットになって、ミラーに映っていた。顔は見えない。矢田にわかったことは、後頭部にあてられているのが本物の拳銃であることと、相手が一人だということだけだった。 「何のつもりだ?」  矢田は前を向いたまま言った。 「さあね、何のつもりかは、あんたがこそこそやってることを考えれば、見当がつくんじゃねえのか?」 「おれにはこそこそやってることなんかないな、何も」 「いいからさっさと車を出しな。言うとおりに走るんだ」  男は拳銃の銃口で、矢田の頭を小突《こづ》いた。矢田はエンジンをかけ、車を駐車場から出した。男は戸田橋を渡れ、と言った。